プーチンの野望:2036年までに反逆する者は抹殺、軍事侵攻も辞さず「旧ソ連邦復活」をさせる!

ABC NEWS

プーチンの野望:目的のためには手段を選ばない、軍事侵攻

プーチン帝国

この2022年の時代にだ。

世界中の人々の目前で堂々とウクライナに軍事侵攻した。

ロシア人が虐待されているとの本当か嘘かわからない理由

ウクライナ東部の親ロシア地域ばかりでなく、

ウクライナの主要都市

四方八方からだ。

 

プーチンの野望:目的のためには手段を選ばない、反逆する者は抹殺

毒薬ノビチョクで政敵のアレクセイ・ナワリヌイを毒殺未遂。

2人の諜報関係者によると、ロシアのウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)大統領は悪名高い毒薬ノビチョク(Novichok)を使用して政敵を暗殺し続けている。

ドイツの医師は著名なプーチン政権の批判者であるアレクセイ・ナワリヌイ(Alexei Navalny)氏を毒殺するためにロシア当局が毒薬を使用したと避難した。

出典:https://www.businessinsider.jp/post-219664

 

プーチンの野望:2036年まで現職続投が可能になった

昨年夏の国民投票で8割近くが賛成した憲法改正によって2036年まで現職続投が可能になった。

プーチンは自分の大統領在位期間中に「旧ソ連邦復活」を成し遂げるだろう。

その背景には国家保安委員会(KGB)の工作員からロシアの「皇帝」にまで上り詰めた彼の揺るぎない国家観がある。プーチン大統領は冷徹な国家主義者である。

彼の国家観のルーツはふたつの社会主義国の崩壊を経験したことによるものだ。ひとつはKGB工作員として1989年に東ドイツに駐在していたときに民主化運動によって政権が瓦解するのを目の当たりにしたこと。もうひとつは、ソ連に帰国後の1991年に誇り高き祖国ソ連が無残に崩壊してしまったことだ。

反対勢力を打ち負かさなければ国家は崩壊するということを彼は肝に銘じた。そして政治的対立に敗れた者は抹殺されることを学んだのだ。

出典:https://diamond.jp/articles/-/293834?page=3

 

 

ウクライナに軍事侵攻した プーチンの野望は見えてくる。

プーチンの在位期間である2036年までに軍事侵攻も辞さず「旧ソ連邦復活」させるはずだ!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。